皮膚に色素が沈着して顔にシミができる要因としては、紫外線の作用や、年齢、ストレスなどがあります。顔にできてしまったシミは目立つものなので、解消したいと思っている人も少なくないことでしょう。病院で診察をしてもらい、治療によってシミを取り除いてもらうという方法も、一般的には存在します。病院では、専門医がシミの症状を診察してくれるため、顔にできてシミを目立たなくすることが可能です。具体的なシミの治療方法は、どうしてシミができたかや、シミの広がり方でも異なります。皮膚科の医師によるしっかりした診断によって、最適な治療法を選ぶことで効果的にシミを消すことができます。シミを解消するために用いられる薬をもらえて、それをつけ続けることになる場合もあるでしょう。最近の皮膚科では最新マシンのレーザーを用いることで、どのようなタイプの顔のシミもきれいに改善できるようになっています。シミの除去にレーザーを用いた場合、かさぶたや赤みが数日は残りますが、その後、皮膚はきれいな状態に戻ってくれます。かつては、肝斑に対してはレーザーでの治療は困難でしたが、最近では肝斑のしみに対しても使えるようなレーザー施術が登場しています。レーザー治療と併用して、飲み薬や、塗り薬を使うことで、シミを確実に治療するというアプローチも存在します。皮膚科でのシミ治療では、注射などを組み合わせたりする方法も用いられており、肌の状態に適した方法を選択できるようになっています。